読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い付きの方が上手くいくこともある

Guesthouse

実家に帰ってきて初の朝、まずは親の手伝いをし朝食を美味しいと食べる。

そう、実は実家暮らしなのだ。勤めているときは会社の寮だったので辞めた今、新しく部屋を借りるか実家に戻らざるを得ない。晴れて無職者となった僕は金も無くなく1度出た家にすごすごと帰ってきたわけだ。

そんなわけで家事手伝いは僕の日課なのだ。

食器を洗い終わったら市役所へ行く支度をする。引っ越しの手続きを済ませるためだ。住民票、免許証、郵便局。職員さん達の対応がテキパキとしておりそれらはスムーズに終わった。昼食は母が誘ってくれたので外に出る。食べ歩きが好きな母は隠れ家的なお店に詳しく、移動しながらあそこは美味しいココは旨いと楽しそうに話す。仕事を辞めたときは石の上にも三年…と説教をされたが帰ってきたのは嬉しいのかも知れない。母は地域の復興や活性化にも関心があるのでそのあたりの話もし、リノベーションなどを行う建築会社の方を紹介してあげるなどどこでそんなパイプを…凄くありがたいけど不思議で仕方ない。帰ったら家の掃除、17時からは横浜で派遣バイトの登録。

なんだか忙しなく、ゲストハウスについて考える時間があまりないなーなんて思っていたところでふと思い付いた。

そういえばゲストハウスに誘いたい人が横浜近くに居たな!

しかも川崎には「ONTHEMARKS」もあるじゃないか!

すぐさま連絡するとちょうど仕事が終わったところで30分ほどで来られるという。思い付いたが吉日とは正に!!!

「ONTHEMARKS」というのは大きい規模のホステルでバーが併設されている。

フードやドリンクにもかなり力を入れており一度行ってみたかった場所だ。

予定通り30分ほどでさふぁりと合流出来た。

さふぁりというのは愛称で本名は水田。

大学の時同じサークルで彼女は後輩だった。初対面の時から実にハキハキと意見を述べる人で論理的でもあった。情にも厚く、楽しいことには積極的に参加する。以前演劇もやっており僕も2度観劇に行った。恥ずかしながら2度とも感動して泣いた。

現在は会社勤めでウェブ広告のマーケティングなどをする仕事をしている。

どれをとっても僕のチームに欲しい人材だった。

 

会ってまずはお互いの話をしていく。この間はこんな広告を手がけたとか、営業担当が変わってとても仕事がやりやすくなったとか、上司の計らいで残業がかなり短く済んでいるとか、

とても活き活きとしておりどうやら上手くいっているんだなということが伝わってきた。

そのことを本当に嬉しく感じる裏で、少し残念に思っていた。

もし彼女が現職に不満を多く持っていればすぐにこちらに来てくれるかも

そんな気持ちがあったのだ。こんなことを考える自分が恥ずかしいしそのような気持ちでは一緒には出来ない事も分かっていたので絶対に口にしなかった。

そんな僕のみみっちい葛藤は知らずにさふぁりはゲストハウスについて知りたがった。

さふぁりはとても好意的に、それでいて冷静に今すべきことは何で自分に出来ることはなんなのか考えてくれた。

人と地域と関わること、楽しいこと、笑顔、それらが大好きな彼女にとって僕が思っていた以上にゲストハウスに惹かれているようだった。

SNS関連を使った開業前の事前告知、コンセプトに見合う大手広告代理店の紹介、ゲストハウスでの演劇、

話せば話すほど熱意が伝わってきて、正直このまま一緒にやり始めてくれるのでは??なんて淡い期待も感じ始めた。

「将来的に今の会社を辞めて、一緒にゲストハウスを立ち上げていかない?」

聞かずには居られなかった。

彼女の返事はやっぱり冷静で、

「今すぐに決められる事では無いし、もう少し考えるね」

まあ当然だ。むしろ即決で断られないだけありがたい。

そのあとは素晴らしいフードやドリンクを楽しみつつ実現するかも分からない夢を語り合った。

こんなのがあったらいいね、それならこれはどう?

きっと今この瞬間こそが立ち上げるなかで最も楽しく大切な時なのだ。

じゃあそろそろ行こうかと言うときにさふぁりが「せっかくだから客室も見させて貰えないかな?」と言った。確かに見たい。めちゃくちゃに見たいし話も聞きたい!

さふぁりを誘ったのはこういう所を尊敬できるというのもある、必要なことにはとことん挑戦する、やるだけやってみる。僕を含め多くの人が憧れるシンプルなアクティブさ。

そして会計を済ませた後、客室を見学したい旨をスタッフに伝えると快く承諾してくださり、ドミトリー、女ドミトリー、シングル、ダブル、順番に全て見せてくれた。

「この建物は築何年ですか?」「各ベッドには火災報知機がついてますか?」

明らかに泊まる目的じゃ無いだろうって質問にも丁寧に答えてくださった。

最後にイベント用のはっぴがあるんですよ~なんて着させられて写真を撮ったり撮られたり。他のスタッフも混ざってわいわいと。

これだけ大きな規模なのにスタッフが1人として疲れを見せてない。自然な笑顔を絶やさない。ゲストハウスはこうあるのが嬉しい。ゲストだけで無くスタッフもその場を楽しんでいる。僕の理想だ。

 

今日は突然の思い付きだったが、サファリを誘えて、ここに来て良かった。

自分の中のコンセプトがより洗練されていくのを感じた。

明日は掃除を一気に終わらせて、英語の勉強とゲストハウスのランニングコストの仮説を何個か作りたい。

コンセプトが固まってきた今、どこでどうやるのかを決めていきたい。

やることは沢山だ、楽しくて仕方が無い。